トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2020.11.29〜 #重複乗車禁止で名鉄完乗

概要

名鉄全線を乗り尽くすだけなら1日でもできると思うのですが、単に乗り尽くすだけだと面白くないと思い、「同じ区間を2度乗れない」という条件を付けました。

例えば中部国際空港駅に名鉄で着いたなら、ここは名鉄としては行き止まりの駅であるため、そこから出るのはバスなどを使わないとならないのです。

実際には4日に分割して実施しました。

ルール

  • 旅程中で、名鉄の同じ区間を2回乗るのを不可とする。
    • 実際に実施した日程は連続していませんが、一度旅程を中断した場合は、再開する際は必ずその駅に戻ることとしています。
  • 始点と終点の駅は揃える。(今回は神宮前発着で実施したが、どの駅発着であっても可能ではある)
    • 「始点と終点の駅は揃える」という条件を付けるかどうかで若干違いはありますが、旅程を組むときの考え方はほとんど同じです。ただ「始点と終点の駅は揃える」という条件のほうが厳しくなります。
  • 利用できる交通機関は鉄道・路線バスに限る。極力、名鉄に並行するだけの路線は利用しない。
  • 駅やバス停の間の徒歩は2km程度までは認める。ただし、名鉄線に並行した区間を歩くのは不可。

旅行記

経路図

画像をクリック/タップで拡大します。

実施日ごとの移動区間についてはそれぞれのページをご覧ください。

経路図

経路の設計方法

「始点と終点の駅は揃える」条件の場合、以下の方法で考えればよいです。

  • 名鉄の路線が出ている本数が奇数本(名鉄の場合は1方向か3方向のみ。5方向以上はないので)である駅をすべて集める。
  • それらの駅で、移動しやすそうな駅を2つずつ組み合わせて結び合わせる。

なぜなら、ある駅から出ている路線の本数が偶数本であれば、「その駅に入って出る」ことが問題なくできるものの、奇数本であればそこで別の手段を使わないと「その駅に入って出る」ことができなくなるためです(グラフ理論でいうところの「オイラー路」)。

「始点と終点の駅は揃えなくてもよい」条件の場合、「移動しやすそうな駅を2つずつ組み合わせて結び合わせる」という処理を、2つの駅を除いて行えばよいです。この場合、除外された2つの駅を旅程の起終点とすることになります。

 補足

以前に「名古屋市営地下鉄を最小距離の乗車で「乗りつくして出発駅に戻る」」という企画をやったのですが、これと考え方は似ています。「どの駅も通る回数を偶数回にするよう移動方法を考える」というのは一緒です。

ただ上記の名古屋市営地下鉄完乗の場合は名古屋市営地下鉄の路線網だけで乗車方法を考えればよいのに対し、今回の名鉄完乗の場合は「駅と駅の間の移動手段があるか否かを、バス会社のサイトや市町村のサイトで確認する」という準備が必要で、全く別の大変さがありました。