トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2019.8.10 輪行で郡上八幡・美濃市訪問

目的

いろいろ巡りたい場所があったので、郡上八幡までは輪行で向かい、そこから自転車で名古屋まで移動した。

旅行記

  金山8:24→新鵜沼9:05 <名鉄犬山線急行 ¥660>

新鵜沼駅を出たところ←新鵜沼駅を出たところ

名鉄・新鵜沼駅とJR・鵜沼駅を結ぶ通路←名鉄・新鵜沼駅とJR・鵜沼駅を結ぶ通路

JR・鵜沼駅から乗車←JR・鵜沼駅から乗車

  鵜沼9:32→美濃太田9:44 <JR高山本線 ¥210>

美濃太田からは結構な人数が乗車。2両編成だったので輪行の自転車も載せられたが、1両編成だったら見送ることを考えるレベルだった。

美濃太田駅の長良川鉄道ホーム←美濃太田駅の長良川鉄道ホーム

地元の応援キャラが←地元の応援キャラが

  美濃太田9:56→郡上八幡11:18 <長良川鉄道 ¥1,350>

2010年3月の訪問時にもこの区間は乗車していたのだが、夜だったので車窓が全然見えなかった。今回は朝なので長良川もちゃんと眺められた←2010年3月の訪問時にもこの区間は乗車していたのだが、夜だったので車窓が全然見えなかった。今回は朝なので長良川もちゃんと眺められた

長良川

長良川

なお、2両編成のうち1両は郡上八幡駅で切り離しであったのだが、意外だったのは駅到着前に前後の編成を切り離す作業が始められたこと。前後の車両の往来は郡上八幡駅の到着前に締め切られ、郡上八幡駅よりも先に行く乗客は前の車両に移動するよう求められたのであった。その後、後ろの車両に乗ったままになった郡上八幡駅で下車する乗客は運賃を車内精算(切符を持っていれば回収)となった。

郡上八幡駅に到着←郡上八幡駅に到着

1両切り離されて残った車両←1両切り離されて残った車両

  郡上八幡駅

当地名物・郡上おどりの提灯←当地名物・郡上おどりの提灯

跨線橋←跨線橋

カーキャッチャー(線路に置いて車両を止める)が置かれていた←カーキャッチャー(線路に置いて車両を止める)が置かれていた

駅舎に併設のカフェがあった←駅舎に併設のカフェがあった

ホットドッグをいただいた←ホットドッグをいただいた

  郡上八幡の中心街

「サンプルビレッジいわさき」。食品サンプルの販売や製作体験がある←「サンプルビレッジいわさき」。食品サンプルの販売や製作体験がある

「郡上八幡旧庁舎記念館」。もとの役場で、現在は観光案内所・土産物店となっている←「郡上八幡旧庁舎記念館」。もとの役場で、現在は観光案内所・土産物店となっている

その近くの吉田川(長良川の支流)。川すれすれまで建物が建つ←その近くの吉田川(長良川の支流)。川すれすれまで建物が建つ

郡上八幡城をふもとから眺める←郡上八幡城をふもとから眺める

郡上八幡城へ。暑い中を自転車で登ったためかなり体力を消耗した←郡上八幡城へ。暑い中を自転車で登ったためかなり体力を消耗した

郡上八幡城からの眺め←郡上八幡城からの眺め

2010年3月のとき以来の<a href='https://www.sinryow.net/?page=%C6%FC%CB%DC%C1%B4%B9%F1%A4%CE%A1%D6%BD%E9%B2%BB%A1%D7%C3%CF%CC%BE'>「初音」地名</a>←2010年3月のとき以来の「初音」地名

郡上おどりの像←郡上おどりの像

「宗祇水」。連歌で知られる宗祇がここに立ち寄って歌を贈ったことからこの名前がある←「宗祇水」。連歌で知られる宗祇がここに立ち寄って歌を贈ったことからこの名前がある

「天ぷら中華」。その名の通り、ラーメンに天ぷらが入っている。結構合っていた。なおスープは醤油のあっさり←「天ぷら中華」。その名の通り、ラーメンに天ぷらが入っている。結構合っていた。なおスープは醤油のあっさり

  郡上八幡→美濃市

「日本まん真ん中センター」。日本の人口の重心がここにあることから、このような名前と形状になった←「日本まん真ん中センター」。日本の人口の重心がここにあることから、このような名前と形状になった

  美濃市の中心街

「うだつの上がる町並み」として知られる、伝統的な建物が多く残るエリア。ここを見ておきたかったのだが、到着が17時前になったこともあり、町並みを一通り眺めるにとどまった。

うだつの上がる町並み←うだつの上がる町並み

  関市

かなり汗をかいて体力も消耗したので、スーパー銭湯「マーゴの湯」で休憩。(マーゴ自体は2017年1月9日の旅行で訪問していた)

その後、2017年1月9日の旅行で通った名古屋への直線ルート(県道17号・愛岐大橋経由)とは異なり、大きく西に迂回して国道156号・国道22号経由(岐阜市経由)で名古屋へ。新たな道を使ってみたかったというのもあるのですが、前回のルートはアップダウンがきつくて自転車には不向きだったので。

アイドルマスター関連地名

  関市弥生町

長良川鉄道・関口駅の車窓から見えた。2017年1月9日の旅行で訪問済み。

関市弥生町

  関広見インターチェンジ

ここは復路(自転車での移動中)に訪問。シンデレラガールズのアイドル「関裕美」と読みが同じなので。

というかここを訪問したいから自転車を使ったといっても過言ではないし、これがあったからこのタイミングに行ったというのもある(関裕美の誕生日が8月17日なのでそれまでに行きたかった)

関広見インターチェンジ