トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2019.3.12 レンタカーで後志・胆振大回り

事前に考えていたのは「後志自動車道が開通したから余市方面に行く」ということだけで、あとは思いつくがままにとにかくぶらぶらしました。

旅行記

  手稲インターチェンジ

札樽自動車道のインターチェンジ。現在は札幌方面としか往来できないが、小樽方面への入口については建設中(小樽方面からの出口は建設には至っていない)ということで見に行った。

手稲インターチェンジの入口←手稲インターチェンジの入口

小樽方面に行けないことを注意する看板が5つも立っている←小樽方面に行けないことを注意する看板が5つも立っている

小樽方面への入口が建設中←小樽方面への入口が建設中

工事期間は9月までの予定←工事期間は9月までの予定

  銭函インターチェンジ

インターチェンジ自体が改築されたということもあるが、一番の目的は国道337号が国道5号を跨いでインターチェンジに入る道を通ること。

そこからそのまま札樽自動車道へ。

  後志自動車道

ここを通る、というのが一番の目的だった。(写真は特になし)

余市インターチェンジは中心街から少し東に外れた場所。ここからまっすぐ西に向かって中心街に行ったのだが、国道5号との交差点手前に踏切があることもあって、そこを通り抜けるのに時間がかかった。

  余市町中心部

余市宇宙記念館は休館日でした←余市宇宙記念館は休館日でした

併設の道の駅の店舗←併設の道の駅の店舗

昼は中心部で寿司←昼は中心部で寿司

余市駅は中央バスの案内所が併設。エリア内なのでSAPICAも買える←余市駅は中央バスの案内所が併設。エリア内なのでSAPICAも買える

余市町は出身のスキージャンプ選手が多く、道具類を展示していた←余市町は出身のスキージャンプ選手が多く、道具類を展示していた

ニッカウヰスキー余市蒸溜所←ニッカウヰスキー余市蒸溜所

車で来ていることを伝えたら、お酒を飲めない人であることを示せるシールをもらった←車で来ていることを伝えたら、お酒を飲めない人であることを示せるシールをもらった

蒸留工程。石炭を使っている←蒸留工程。石炭を使っている

  余市→赤井川→倶知安→洞爺湖

赤井川村の中心部を通り抜けたことがなかった(2011年5月の自転車旅行の際に行こうかと思っていたが行けなかった)ので、余市→倶知安は国道5号ではなく赤井川経由(道道36号→国道393号)のルートを使うことに。

道の駅あかいがわ←道の駅あかいがわ

赤井川村のご当地キャラ「あかりん」←赤井川村のご当地キャラ「あかりん」

道の駅にあった、赤井川村ガイドマップ。北海道新幹線の予定経路も描かれている←道の駅にあった、赤井川村ガイドマップ。北海道新幹線の予定経路も描かれている

六郷鉄道記念公園。胆振線(廃線)の六郷駅跡地にある。雪に埋もれていた←六郷鉄道記念公園。胆振線(廃線)の六郷駅跡地にある。雪に埋もれていた

京極町にて。羊蹄山を眺めてみるが雲がかかっている←京極町にて。羊蹄山を眺めてみるが雲がかかっている

留寿都で休憩←留寿都で休憩

  洞爺湖

浮見堂。湖に張り出した陸地の上にあり、遠目だと湖の上にあるようにも見える←浮見堂。湖に張り出した陸地の上にあり、遠目だと湖の上にあるようにも見える

浮見堂に近づいて←浮見堂に近づいて

洞爺ポロモイスタジアム。2017年に完成したサッカー等のための人工芝グラウンド。このときは除雪中であった←洞爺ポロモイスタジアム。2017年に完成したサッカー等のための人工芝グラウンド。このときは除雪中であった

洞爺湖温泉バスターミナルまで移動←洞爺湖温泉バスターミナルまで移動

レストラン「望羊蹄」。洞爺湖がモチーフのアニメ「天体のメソッド」で、ここがモデルとなったレストランが登場したということで。←レストラン「望羊蹄」。洞爺湖がモチーフのアニメ「天体のメソッド」で、ここがモデルとなったレストランが登場したということで。

作中の描写に合わせて、オムライスをいただく。卵の具合が特にすばらしかった←作中の描写に合わせて、オムライスをいただく。卵の具合が特にすばらしかった

「天体のメソッド」にちなんだ品も置かれていた←「天体のメソッド」にちなんだ品も置かれていた

  洞爺湖→伊達→室蘭

6年ぶりに「伊達市萩原町」を訪問。アイドルマスター関連地名

伊達市萩原町

室蘭では、工場夜景を見るために白鳥大橋を渡った。なお白鳥大橋を北(伊達市側)から南(絵鞆半島側)に渡ると工場夜景があまり見えないため、北から南に渡ったのちに改めて渡り直している。

  室蘭→苫小牧

この間は、最近の道南バスの動向を見たくて、関連する箇所に主に立ち寄っていた。

久しぶりに定期便ができた、室蘭フェリーターミナル←久しぶりに定期便ができた、室蘭フェリーターミナル

道南バスもフェリーターミナルに発着するようになった←道南バスもフェリーターミナルに発着するようになった

道南バス「富浦駅前」バス停。近くのトンネルが通行止めになっていたため、この停留所も休止するという案内が←道南バス「富浦駅前」バス停。近くのトンネルが通行止めになっていたため、この停留所も休止するという案内が

途中、寄り道として登別駅→虎杖浜あたりは沿岸部の道を通っていたのだが、途中の道鹿が道路上に立っていた。焦った…

道中の高速道路上のバス停も見ていく。高速竹浦バス停は特に変わりなし。高丘バス停は、バス停に入るための扉に、廃止となったことの案内が掲出されていたのを確認。

高速竹浦←高速竹浦

元・高丘バス停への入口←元・高丘バス停への入口

  苫小牧→札幌

苫小牧から札幌へはは、高速高丘バス停まで来てしまったのだからということで、国道276号をそのまま北上して支笏湖経由で札幌に帰った。