トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2016.8.13 自転車旅行 七宝・津島訪問

目的

名古屋近郊の都市の道を知りたくて。

今回は名古屋から西の、あま市七宝・津島市・弥富市などを訪問。今後もいくつか実施する予定。

旅行記

  名古屋市内

もっと早く出発したかったのだが、仕事の作業が入ったため、昼前の出発となった。11:50ごろ名古屋駅を通過。

名古屋駅前(笹島交差点)←名古屋駅前(笹島交差点)

稲葉地公園の演劇練習館「アクテノン」。こんな特徴的な形なのは、もともと配水塔として建設されたため←稲葉地公園の演劇練習館「アクテノン」。こんな特徴的な形なのは、もともと配水塔として建設されたため

  大治町

名古屋駅近くから西に伸びる県道68号名古屋津島線(名古屋市内では「太閤通」の名称がある)を通ると、途中で大治町・あま市七宝(旧・七宝町)を経由して津島市に到着する。

この区間は北の名鉄津島線・南のJR関西本線や近鉄名古屋線に挟まれた、鉄道のアクセスが不便な地域であり、バスが高頻度運転を行っている。名鉄バスにより、名古屋市内からあま市七宝へは日中でも1時間に6本、あま市七宝から津島市の区間も同じく1時間に3本が確保されているほか、名古屋市営バスも名古屋市内〜大治町の間で朝夕を中心に高頻度運転を行っている(ただし、名古屋市中心部までの運行は少なく、大部分は中村公園駅発着)。

ここが名古屋市と大治町の境界となる新大正橋。このあたりは片側2車線の道路があるのだが←ここが名古屋市と大治町の境界となる新大正橋。このあたりは片側2車線の道路があるのだが

その少し北のバスの経路(中心市街地に近い)に沿うと、こんな片側1車線・歩道なしの道路になる。←その少し北のバスの経路(中心市街地に近い)に沿うと、こんな片側1車線・歩道なしの道路になる。

「大治西条」バス停。大治町の西端に近く、すぐ西はあま市になる。←「大治西条」バス停。大治町の西端に近く、すぐ西はあま市になる。

「西条」バス停(「大治西条」バス停とは別で、一つ名古屋寄りとなる)の近くの公共駐輪場←「西条」バス停(「大治西条」バス停とは別で、一つ名古屋寄りとなる)の近くの公共駐輪場

  あま市七宝

あま市七宝の中心部までは、「バス通りの道幅が狭く、その少し南にある道路の道幅が広い」のは同じである。これがバス通りで←あま市七宝の中心部までは、「バス通りの道幅が狭く、その少し南にある道路の道幅が広い」のは同じである。これがバス通りで

こちらがその南の道路。ただし、そこから西は両方の道が合流し、片側1車線ながら歩道はある道路となる。←こちらがその南の道路。ただし、そこから西は両方の道が合流し、片側1車線ながら歩道はある道路となる。

あま市七宝には「北海道」という地名がある(読みは「きたかいどう」)←あま市七宝には「北海道」という地名がある(読みは「きたかいどう」)

  津島市

津島駅前から名古屋へ向かうバス←津島駅前から名古屋へ向かうバス

津島神社←津島神社

津島神社の中へ←津島神社の中へ

津島神社におけるポケモンGOプレイヤーへの注意書き←津島神社におけるポケモンGOプレイヤーへの注意書き

  津島→弥富

このあたりは木曽川の下流域で、地面が海抜を下回る。写真は名鉄尾西線・日比野駅近くにある「ここが海抜0mの高さです」の看板。←このあたりは木曽川の下流域で、地面が海抜を下回る。写真は名鉄尾西線・日比野駅近くにある「ここが海抜0mの高さです」の看板。

弥富駅。海抜マイナス0.93mの場所にあり、「地上で日本一低い駅」となっている←弥富駅。海抜マイナス0.93mの場所にあり、「地上で日本一低い駅」となっている

弥富は金魚の養殖が盛ん←弥富は金魚の養殖が盛ん

金魚の池←金魚の池

  蟹江町

珍地名「今」←珍地名「今」

  飛島村・弥富市南部

飛島村へ←飛島村へ

サンアール弥富(名古屋競馬の場外発売所)。名古屋競馬のトレーニングセンター(ここで馬が調教を受ける)の敷地の一部に設けられている。←サンアール弥富(名古屋競馬の場外発売所)。名古屋競馬のトレーニングセンター(ここで馬が調教を受ける)の敷地の一部に設けられている。

飛島村・梅之郷交差点。道幅が広いため歩道橋も長い←飛島村・梅之郷交差点。道幅が広いため歩道橋も長い

梅之郷交差点の歩道橋より。建設の進む名古屋第二環状自動車道(名二環)←梅之郷交差点の歩道橋より。建設の進む名古屋第二環状自動車道(名二環)

  名古屋市内

しばらく国道23号経由で名古屋市内を進んだのだが、川を渡ったり、広い道路と交差するため、歩道に歩道橋などの階段が多くて自転車にはつらいルートだった(車道を自転車が通りやすい道路でもなかった)。

  • 梅之郷交差点(広い道路との交差のため)
  • 藤前五丁目交差点(広い道路との交差のため)
  • 庄内新川橋(新川・庄内川を渡るため)
  • 荒子運河橋(運河を渡るため。同時に鉄道<あおなみ線>も跨ぐ)
  • 中川運河の高架橋(運河を渡るため。同時に鉄道<JR貨物・名古屋港線>も跨ぐ)
  • 港新橋(堀川を渡るため)

国道23号経由で名古屋市内に入る←国道23号経由で名古屋市内に入る

夕食は、看板が気になって入ったラーメン店「横綱」。

ラーメン横綱 港店の看板←ラーメン横綱 港店の看板

ラーメンは豚骨醤油のスープ←ラーメンは豚骨醤油のスープ

チャーハンは熱した鉄板に盛られ、卵を自分で入れてかき混ぜるという方式←チャーハンは熱した鉄板に盛られ、卵を自分で入れてかき混ぜるという方式